転職百科

フォーラムキャリア転職百科>転職エージェントの傾向と対策

ワーク・ライフの傾向と対策 vol.27

転職エージェントの傾向と対策

「ワーク・ライフの傾向と対策」という幅広い内容テーマで展開しているこのコラムですが、今回は「転職エージェントの傾向と対策」について考えてみたいと思います。

転職エージェントは、正式には「有料職業紹介事業所」といい、厚生労働大臣の認可を受けて転職希望者と企業の雇用関係の成立をあっせんします。「有料」という文字がありますが、それは人材を求める企業側が有料ということで、転職希望者は求人情報の提供から面接の調整、採用条件の交渉まで、あらゆる転職サポートを無料で受けることができます。
転職する上で強い味方となる転職エージェントですが、どんなエージェントを選べばいいのか分からないという人が多いのではないでしょうか。

転職エージェントは一般的に「専門型」と「オールラウンド型」の2つのタイプに大別できます。
●専門型のエージェントとは―
医療、建築、IT、外資系、あるいは管理職など、特定の職種・層に特化したタイプで、企業がひしめく首都圏に多く見られます。業界に精通しているので、こみいった相談にも柔軟に対応してくれます。
●オールラウンド型のエージェントとは
さまざまな職種を幅広く扱うタイプで、地方に拠点を置くエージェントに多く見られます。こちらの強みは地場の優良企業とフェイス・トゥー・フェイスの取り引きがあること。全国的な知名度は低いものの、堅実な経営で業績を伸ばしている地元優良企業の情報もしっかり把握しています。

それぞれ異なるメリットがあるので一概にどちらがいいとは言えませんが、職種を絞らず地方へのUIJターン転職を考えているならば、まずはその地方に拠点を置くオールラウンド型の転職エージェントに相談することをお勧めします。
一覧に戻る >

フォーラムキャリア ヘッドオフィス

pagetop