転職百科

フォーラムキャリア転職百科>会社を辞めて転職活動に専念したほうがいい?

キャリアコンサルタントに聞く vol.8

会社を辞めて転職活動に専念したほうがいい?

Q:会社を辞めて転職活動に専念したほうがいい?

現在設計関係の仕事に就いています。仕事の幅を広げるため同業種で転職をしたいと考えているのですが、業務が忙しく時間がとれません。このような場合は、今の会社を辞めて落ち着いて転職活動に専念したほうがいいのでしょうか?

A:ブランク期間(離職期間)をつくることはお勧めできません。

会社を辞めて転職活動をすることは、基本的にはお勧めできません。独身の若い方ならまだしも、家庭を持っていらっしゃる30代、40代の方であれば、給料を得て生活基盤を維持しながら転職活動を行うことが一般的です。
「すぐに決まるだろう」と楽観視して先に退職してしまうと、当然のことながら収入がなくなります。すると気持ちばかりが焦って転職活動がうまく進まず、負のスパイラルに陥ってしまうケースが少なからずあります。

企業の立場で考えれば、ブランク期間が長ければ長いほど「なぜ?」「キャリアアップしたいんじゃなくて、前職を辞めたかっただけじゃないの?」となり、採用にあたって不利になることは間違いありません。実際、ブランク期間は3カ月までと線引きしている企業もあります。

業務が多忙ということですが、そういうときこそあなたに代わって希望にかなう転職先を探す転職エージェントをうまく活用していただきたいと思います。
一覧に戻る >

フォーラムキャリア ヘッドオフィス

pagetop