コンサルタント紹介

  • 新潟エリア

Erina Kato 加藤 絵里奈

ライフステージの変化を機に
働き方を見直す女性の強い味方でありたい


約15年アパレルメーカーに勤務し、販売接客から店長としてのマネジメント業務、スタッフの教育に従事。勤務店の閉店を機に、初めての転職でテンプスタッフフォーラムに入社。国家資格キャリアコンサルタントを取得し、コンサルタント職に従事する。自分自身の転職活動で感じたこと、経験したことをもとに、求職者の気持ちに寄り添ったサポートを行っている。出産や子育てなど、ライフステージの変化を機に働き方を見直す女性の強い味方でもある。現在は、新潟エリアの下越地区を担当。

自分の転職経験をもとに、求職者に寄り添い、サポートしていく

アパレル店で管理業務やスタッフの教育などに携わってきましたが、初めての転職でテンプスタッフフォーラムに入社しました。業界はまったく異なりますが、目標に向かって進んでいくスタッフの後押しをする、という前職での経験は、転職に向かって進む求職者さんに寄り添う現在の仕事に共通するものがあります。
自分自身の転職を振り返ると、慣れ親しんだ仕事や職場から離れる喪失感がありましたし、ひとりで次のキャリアを探していく孤独感も感じていました。そういった体験を、求職者のサポートに活かしていけるのではと思っています。

転職成功の秘訣は、自分事として取り組むこと

求職者さんと面談する際は、「話す」と「聞く」のバランスを意識しています。相談を受けるコンサルタントの立場だと、一方通行のアドバイスになったり、共感するあまり自分の経験ばかり語ってしまったりと、どうしても「話す」側に寄ってしまいます。まず、相手の思いを「聞く」姿勢を大切にし、求職者さんの自己理解を促せるよう心がけています。
転職の主役は求職者さんで、私たちはコンサルタントはあくまでそのお手伝いをする立場です。主体的に考え、取り組んでいただくことが、転職成功の秘訣だと思います。

「自分に合う仕事」を、多様な軸で分析してみよう

若年層の男性を中心に、「自分に合う仕事」を探し続けて転職を繰り返す方もいらっしゃいます。 自分に合う仕事とは、どんな仕事でしょうか。
やりたい仕事と、向いている仕事は違います。「好き・嫌い」の視点で考えることも大切ですが、それだけでなく、「強み・弱み」「得意・不得意」の軸で、自分に合う仕事は何かを考えてみましょう。同時に、3年後、5年後、10年後に自分はどうなっていたいかと考えると、今しなければならないことが見えてきます。未来志向のキャリアプランを、一緒に考えていきましょう。

転職コンサルタントにお気軽にご相談ください。

転職サポートに申し込む

お仕事の検索・新着案件はこちら

求人情報を探す

INTERVIEW

pagetop