コンサルタント紹介

  • 沖縄エリア

Takuya Azukiasawa小豆澤 卓也

人と企業の成長を応援し
地域を元気に


島根県出身。15年以上にわたって、テンプスタッフフォーラムの山陰エリア、北陸エリア、沖縄エリアの各拠点で人材支援の経験を積む。地域の実情を理解し、人的ネットワークを広げていく中で、働く人と企業によりそったマッチングを実現していくのが小豆澤流。現在は沖縄オフィスに在籍。
求職者の話をじっくり聴くことから始まる、丁寧な転職支援を心がけている。

求職者ファーストで、「引き留める」「背中を押す」の判断も

コンサルタントとして大切にしているのは、求職者によりそったサポートです。場合によっては「引き留める」「背中を押す」という選択をすることもあります。「会社から管理職になることを勧められているが、自分は希望していないので転職したい」という相談を受けた際は、「今無理に転職しなくてもいいのでは」と引き留めました。他社では即転職を勧められたそうですが、私自身は、その方にとっては今は転職のしどきではないと判断したんです。逆に「自分は力不足だからこの企業は無理」と躊躇している方に、「一緒に挑戦しましょう」と背中を押し、マッチングを成功させたこともあります。経験不足をカバーできるポテンシャルを感じたからです。

沖縄暮らしの魅力と転職市場に精通

青い海に囲まれた沖縄は日本でも有数の観光地で、移住を伴う転職を希望する方は多いです。ただし、その際は沖縄特有の事情を知っておくことが肝心です。沖縄の平均年収は全国水準と比較すると低いのですが、総合物価指数は全国平均より高めです。ある調査によれば、那覇市で一人暮らしをする生計費は、東京都北区と同水準となっています。家族で沖縄に移り住み、この土地の魅力を体感している私だからこそ、転職のメリットとデメリットを包み隠さず伝えて、一緒にキャリアのあり方を考えていけたらと思っています。

人材サポートを通じて沖縄を元気に

観光産業のイメージが強い沖縄ですが、実際にはさまざまな業種の企業が存在しています。特に人材のニーズが高いのが建設業で、有資格者は引く手あまたです。内地企業の拠点も増えています。本社と同等の待遇で働けることは、求職者にとって大きなメリットです。一方で、沖縄に根づいたご当地企業で働く魅力も当然あります。当社は沖縄の地銀と連携し、その顧客である地場の中小企業の採用活動を支援しています。人材サポートを通じて大好きな沖縄を元気にすることが、自分の使命だと思っています。

転職コンサルタントにお気軽にご相談ください。

転職サポートに申し込む

お仕事の検索・新着案件はこちら

求人情報を探す

INTERVIEW

pagetop