転職百科

フォーラムキャリア転職百科>UIJターン希望者は「ご当地産業」に注目!

ワーク・ライフの傾向と対策 vol.41

UIJターン希望者は「ご当地産業」に注目!

地方創生の気運が高まる中で、都市部への人材の集中を緩和するとして「UIJターン」が注目されています。このコラムをお読みの方の中にも、「そろそろ地元に戻ろうか」をお考えの方も多いのではないでしょうか。
都市部の人材が地方に還流すれば、地方の中小企業・小規模事業者の人材不足を補うことにつながります。

UIJターン転職を考える際に注目してほしいのが、「ご当地産業」です。
たとえば新潟県は、「織物のまち」「ニットのまち」として特色のある産地が各地に点在しており、デザイン性の高い商品による産地のブランド化や海外販路開拓に挑戦するなど、積極的な取り組みを進めている企業もあります。

最近の転職事例として、大手アパレルチェーンの店長を務めていた方が、新潟の小さなニットメーカーに転職を決めた例があります。年収は大幅に減少したのですが、地域ブランドを育て発信するという仕事内容、本部の指示通りに店舗を管理する前職とは異なり自分の裁量で売り方を考えることができる点、そして転勤がなく地に足をつけて働ける点が決め手となりました。

転職の決め手は「年収アップ」だけではありません。「夢が描けるか」「やりがいがあるか」「生活は安定するか」など他の要素とのバランスが大事です。
その土地に根付き、夢とやりがいが持てる「ご当地産業」は、全国各地にあります。
一覧に戻る >

フォーラムキャリア ヘッドオフィス

pagetop