転職百科

フォーラムキャリア転職百科>その転職、ちょっと待った

ワーク・ライフの傾向と対策 vol.40

その転職、ちょっと待った

現在の職場で不満を感じるときは誰でもありますし、目の前の業務に情熱を持てない時期が続くことも珍しいことではありません。しかし、言うまでもありませんが、一時的な不満を「こんな会社、もう辞めてやる」「自分にあった仕事が他にあるはず」と退職・転職に結び付けるのは短絡的です。
一方、会社の方針や仕事内容と自分の考え方、やりたいことが本質的にミスマッチを起こしていることもあります。
よくある一時的な不満なのか、それとも本質的なミスマッチなのか。転職を成功させるためには、そのボーダーラインを見極めることが大切です。


まず、次の項目に当てはまる場合は、現在の会社を辞めるべきではありません。
●次に何をするか決まっておらず、今の会社を辞めてからじっくり考えたい人
●目の前にある嫌な状況からとにかく逃れたいと思っている人
●転職に伴うリスクをまったく考えていない人
特に会社を辞めて次に何をするか定まっていない人は要注意です。

転職はひと昔前に比べて一般的になってきており、キャリアアップや自分らしい生き方をする上での当然の手段として位置づけられつつありますが、だからといってあまりに気軽に転職を繰り返していると、本当にやりたい仕事を見つけたときにその仕事を得られないこともあります。一般的に30代で3回以上の転職経験がある人は、企業からジョブ・ホッパー(転職常習者)とみなされるリスクがあります。

転職は人生の大きな転機です。「辞めどき」が今かどうか疑問を感じる方は、キャリアコンサルタントにご相談ください。 一覧に戻る >

フォーラムキャリア ヘッドオフィス

pagetop