転職百科

フォーラムキャリア転職百科>ついUIターンしたくなる!? ユニークな移住支援制度【2/3】

ワーク・ライフの傾向と対策 vol.10

ついUIターンしたくなる!? ユニークな移住支援制度【2/3】

地方への移住を推進するため、支援制度を設けて移住者の受け入れに積極的に取り組んでいる地方自治体が増えています。
今回は、中国・四国地区の自治体のユニークな支援制度を見てみましょう。

島根県美郷町は「定住ポイント制度」なるユニークなポイント制度を導入しています。40歳以下を対象に、5年間以上の定住を条件として定住ポイントを付与し、付与されたポイントは1ポイン ト10,000円として地域商品券等に交換できるという内容です。ちなみに町内への転入は5ポイント、町内での就職は20ポイント、結婚・出産はそれぞれ30ポイントです。
http://www.town.shimane-misato.lg.jp/1884.html

地域の空き家情報を集約したホームページを運営する自治体も増えています。鳥取県の最東北端に位置する岩美町では、町が運営する「空き家活用情報システム」を利用して移住者が住宅を改修する場合、修繕費用の2分の1(最大200万円)を助成する制度があります。
http://www.iwami.gr.jp/dd.aspx?menuid=2134

移住、特にIターンというと、実際にどんな環境なのか不安に思うことも多いもの。高知県日高村には「宮ノ谷お試し滞在住宅」があり、短期滞在を通じて気軽に“村民気分”を体験できます。
http://www.vill.hidaka.kochi.jp/otamesi.html

子育て中のファミリーに嬉しい支援制度も。愛媛県新居浜市では、転入してマイホームを購入すれば最大50万円、さらに子どもひとりにつき10万円加算、合わせて最大100万円の支援が受けられます。
http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/seisaku/teijuusokusin.html

もちろんこれらはごくごく一部。移住先が決まったら、あるいは移住先を決めるために、自治体の支援制度をぜひチェックしてみてください。
一覧に戻る >

フォーラムキャリア ヘッドオフィス

pagetop