転職百科

フォーラムキャリア転職百科>「キャリアパス」ってなに?

キャリアコンサルタントに聞く vol.21

「キャリアパス」ってなに?

Q:「キャリアパス」ってなに?

漠然とですが転職を考えており、求人情報をいろいろとチェックしています。その中で、「キャリアパス」という言葉をよく目にするのですが、これってどういう意味なのでしょうか。キャリアアップとは違うのでしょうか。

A:より高い役職や、条件が良い仕事に就くための「道筋」のことです。

「キャリア」(Career)というと、日本語で職務経歴、経験といった意味です。キャリアアップはそれがUPするわけですから、現状より高い役職や条件が良い仕事に就くことです。
一方、キャリアパス(Career Path)は、直訳すると「キャリアを積み上げるための道筋」ということになります。すなわち、どんな仕事をどれくらいの期間担当し、どの程度のレベルに達すれば、どういうポストに就けるのか、という道筋を示すものです。

たとえば、ITエンジニアのキャリアパスといえば、「プログラマ」→「 システムエンジニア」→「プロジェクトリーダー」→「プロジェクトマネジャー」というのが一般的ですね。もちろん、会社によって独自の“パス”の選択肢があったりして、それがその会社で働く魅力になるわけです。また中途採用と新卒では、当然キャリアパスは異なってくるでしょう。

キャリアパスは、最近の人材育成において欠かせないキーワードです。
企業がキャリアパスを示すことは、社員のモチベーションアップにつながります。日々の業務を淡々とこなすのではなく、「何のために今の仕事に取り組んでいるのか」を常に意識することで、やりがいと目的意識をもって仕事に取り組めるでしょう。

入社後のミスマッチをなくすためにも、転職活動の面接では「御社ではキャリアパスはどのようになっていますか?」と、担当者に積極的に質問するといいでしょう。
一覧に戻る >

フォーラムキャリア ヘッドオフィス

pagetop