転職百科

フォーラムキャリア転職百科>営業として経験が浅い私が転職で気をつけるべきことは?

キャリアコンサルタントに聞く vol.18

営業として経験が浅い私が転職で気をつけるべきことは?

Q:営業として経験が浅い私が転職で気をつけるべきことは?

大学卒業後、石川県に本社を置く商社に就職し、営業マンとして4年目になります。営業の仕事自体は好きなのですが、現在の会社は社風が合わず、同じ営業職で転職をしたいと考えています。ただ、アピールできる実績も資格もないので、不安もあります。転職するにあたって気をつけるべき点は何でしょうか?

A:「誠実さ」が何よりの強みになります。

まず安心材料となるのは、営業職は転職市場で求人数も求職者数も最も安定して多いということです。企業は売上拡大に向けて攻めの姿勢で積極的に動いており、さまざまな業界で高い有効求人倍率を維持しています。地方の企業では、若手営業マンの採用ニーズも高まっています。

ミドル・ハイクラス人材であれば業界経験やマネジメント経験が重視されますが、若手人材には資格でも営業テクニックでも実績でもなく、ずばり「誠実さ」が求められます。上司や先輩の言葉に素直に耳を傾け、顧客の要望に真摯に応える。求められているのはそんな人物像です。

ところで、転職活動において企業の担当者に「自分は誠実な人間である」と伝えることは、意外と難しいものです。
アドバイスできるのは、身だしなみなど基本的なことをきちんとする、ということです。たとえば面接時にワイシャツのエリが汚れていたりすれば、どんなに誠実な人であっても誠実には見えません。また履歴書の写真がスマホで自撮りしたものであれば、相手を軽んじているようで、いい加減な人物に思われます。若い方、社会人経験が浅い方こそ、配慮が必要です。
一覧に戻る >

フォーラムキャリア ヘッドオフィス

pagetop